お腹にスイカみたいな妊娠線が!消すことは出来る?

妊婦のときに妊娠線ケアをしっかりせずに出産を迎えてしまうと高い確率でお腹に妊娠線ができてしまいます。

 

妊娠が原因で出来る肉割れ線はスイカのように縦に線が出来ます。

 

そんな皮膚に出来てしまったスイカのような妊娠線は消すことができるのでしょうか??

 

スイカみたいな妊娠線!消すことはできるの!?

まず最初に、できたばかりのスイカみたいな模様の妊娠線が、産後どのように変化していくかを紹介していきます。

 

皆さんがスイカみたいとたとえている時期は、妊娠線が赤紫色になっていて、ちょうどスイカの黒い模様のようになっているはずです。

 

この状態は皮膚の皮の下で肌を形成する「真皮」と「表皮」が裂けている状態となっており、内出血を起こしています。

 

そのご、時間が経つにつれて内部の出血がなくなっていき、裂けた細胞が修復を始めます。

 

元通りに修復してくれれば妊娠線に悩むことはないのですが、妊娠線ができるときに傷ついてしまった細胞は元にもどることはありません。

 

そのため、赤紫色が引いた後にはスイカ模様が白い線として残ってしまうのです。

 

妊娠線は消えない!?

一度出来てしまった妊娠線は消えることはありません。

 

ですが、限りなく見えなくすることは可能です。

 

見えないということが消えたということと同義だと考えると、妊娠線は消せるということになります。

 

妊娠線を限りなく薄く見えなくする為には、レーザー治療を受けるか、妊娠線クリームを使って時間をかけて薄くする方法をとるしかありません。

 

妊娠線を消す為に使うクリームは、ただの保湿を担うボディクリームや妊娠線オイルでは効果がないので、妊娠線予防クリームを使うことが必要になります。

 

スイカのような妊娠線を消す為には

妊娠線を消す為には肌のターンオーバーを促すような成分・効果が必要です。

 

真皮層が裂けてしまい、修復されるときには、白い瘢痕組織という細胞群が裂け目を埋める役割を果たします。

 

この瘢痕組織は通常の肌の色よりも白く、瘢痕組織の色が肌の表面まで透けてしまうことで白い線が浮き出て見えるのです。

 

しかし、表皮の場合は傷ついた細胞を100%元に戻すことができます。表皮を元の状態に戻すことができれば、妊娠線を消すことも可能なので、肌の細胞を新しく生まれ変わらせる妊娠線ケアが妊娠線を消すのに最適な方法だといえるのです。

 

肌のターンオーバーを促すといっても、どうやって促せばいいのか見当がつかない方もいるかと思います。

 

なので、ここではこのサイトで紹介しているベルタマザークリームを例にして説明します。

 

 

ベルタマザークリームの注目する成分に「シラノール誘導体」というものがあります。

 

この成分は、肌の奥にある真皮の70%を生成しているコラーゲンの生成・修復を行ってくれるものです。

 

ターンオーバーを促す為には肌の土台である真皮の状態を整えることが1番効果的なので、この成分を肌にしっかり肌に浸透させてあげることで、肌の修復が早くなります。

 

また、土台である真皮の状態を正常かそれ以上にすることが出来るベルタは高品質美容成分を含んでいるので、妊娠時に弱った肌(表皮と真皮)をすぐに元気にしてくれます。

 

真皮と共に表皮の状態を整えてあげることで古い傷ついた細胞をいち早く外に排出し、新しい肌に生まれ変わらせることが可能になります。

 

これらの成分もしっかり肌に浸透しなければ意味がないのですが、ベルタの場合には浸透性を高める為にビタミンCが配合されているので効果が浸透しないという心配もありません。

 

妊娠線を消す為に必要な成分はベルタマザークリームを例にして説明したような成分が必要です。

 

さまざまな妊娠線クリームの中でもこのサイトではベルタを取り扱っているので、例としてあげさせてもらいました。

 

妊娠線を消す成分はありますが、私はベルタが1番バランスが良く効果があると実感していますのでオススメさせてもらいます。
(ダイエットが原因で出来た肉割れ解消にも効果があります。)

 

⇒ベルタマザークリームの公式ページはこちら

 

できた妊娠線を消す治療方法について

当サイトでは、できた妊娠線を消すのに妊娠線クリームを使用した方法をおすすめしています。

 

でも、なんで妊娠線クリームを使用した方法なの?

 

というあなたに、妊娠線の治療方法にはどんなものがあるのか、どうして妊娠線クリームがおすすめなのかをお伝えしたいと思ったので、妊娠線の治療についてもまとめてみました。

 

妊娠線を消すのにどうして妊娠線クリームがおすすめなのか。

 

妊娠線の治療方法と比較してお伝えしていきますね。

 

病院で妊娠線を消す方法

妊娠線を病院で消す方法には大きく分けて

・レーザー治療
・炭酸ガス治療
・薬を利用した治療

の3つの方法があります。

 

これらの方法はどれもお肌の代謝を強制的にアップさせて、早い段階で妊娠線を見えなくしようとする方法です。

 

妊娠線を消す為のそれぞれの治療方法の効果を見ていきましょう。

 

レーザー治療による妊娠線を消す方法

レーザー治療によって妊娠線を消す方法は、レーザーによってお肌に傷をつけて、お肌の回復を促すというものです。

 

人の体は傷ついた部分を傷つく以前の状態よりも上部にしようとする働きを持っています。

 

そのため、レーザーによって細かい穴をあけられた皮膚は、レーザー治療をする前よりも強く上部に回復を図るので、表皮を厚く再生させることが期待できるのです。

 

厚くなった表皮は白くなった妊娠線を完全に隠すことが期待されますので、レーザーによる治療は妊娠線を消すのに効果的です。

 

費用は消したい妊娠線の範囲や、治療回数によって異なります。

 

1回治療を受けるのに大体1万円〜10万円。
場合によっては5回以上の治療が必要になることもあるので、下手をしたら100万円以上のお金がかかる場合もあります。

 

治療を受ける病院や消したい妊娠線の範囲、治療回数によって費用は変動しますので、あなたの妊娠線を消すのにいくらのお金がかかるのか知りたい場合には病院に相談にいくようにしてください。

 

炭酸ガス治療で妊娠線を消す方法

炭酸ガスによって妊娠線を消す方法は、妊娠線ができている部位に炭酸ガスを注入することで妊娠線のできている部位の血行を促進。

 

妊娠線ができている部位の血行をピンポイントで良くするので、代謝が良くなり、お肌の回復が促せるというものです。

 

レーザー治療とは違い、ダウンタイム(治療できない期間)がほとんどなく、やけどなどの副作用もありません。

 

値段も1つの部位5000円〜1万円以上いうのが基本となっており、レーザー治療と比べると比較的安価に治療を受けることができます。

 

炭酸ガスでの治療はセットで行われることが多く、受ける回数は4回ほどという場合が多いようです。

 

1部位○○円。○○mm○○円というような価格設定がレーザーよりも異なることが多いので、こちらも具体的な費用はカウンセリングを受けてみないとわかりません。

 

薬を利用した妊娠線を消す方法

薬を利用した妊娠線を消す方法は、基本的にはトレチノイン(ビタミンA)を妊娠線の部分に塗り、お肌の代謝を高めて妊娠線を消す方法です。

 

トレチノイン刺激の強い成分なので基本的には病院で処方してもらうしか手に入れる方法がありません。

 

使用法を間違えると皮膚が炎症をおこし、真っ赤に腫れてしまいます。
炎症が長期間続くと色素沈着を起こしてしまう恐れもあるので、トレチノイン治療を考えている方は医師の指示を絶対に守るようにしてください。

 

トレチノインクリームは保健適応外となるので、薬を処方してもらっても5g6000円程度かかるため、受診料などを考えると1回の治療に1万円ほどかかります。

 

こちらも受診する病院によって費用は異なるので、値段が気になる方は病院で聞いてみてください。

 

妊娠線は治療を受けたほうがいいの?

病院で妊娠線を消す方法はどれも高い妊娠線を消す効果が期待できます。

 

それと同時にお値段が高いこともわかりますよね。

 

ではここで妊娠線クリームと病院での治療、どちらがおすすめなのかということについて一緒に考えていこうと思います。

 

当サイト管理人としては、本気で妊娠線を消したい!
いくらかかってもいいから妊娠線を消したい!

 

という方は病院で治療をしたほうがおすすめだと考えています。

 

でも、赤ちゃんが生まれたばかり。
まだ生まれてないけど、お金が心配。

 

という方に対しては妊娠線クリームを使用した方法をおすすめしたいと考えています。

 

 

妊娠線を消す方法として、病院での治療と妊娠線クリームを使用した方法では、手段や効果の現れ方に違いはあれど、妊娠線が消えるという点で違いはありません。

 

 

病院での治療は確かに効果が出るのが早く、1クールの治療で妊娠線がなくなる可能性が高いというメリットがあります。
しかし、この1クール。
短くても大体4ヶ月はかかります。

 

それなら妊娠線クリームを使用して、コストを抑えながらあなたの体の治癒能力を助けながら妊娠線を消していくのもアリかな?

 

というのが率直な意見です。

 

妊娠線クリームでの妊娠線を消すケアは長くても6ヶ月ほどで成果が見えてくるはずです。
費用は治療を受ける1/5〜1/10以下で収まることでしょう。

 

まずは妊娠線クリームでのケアを試してみてから治療を考えてみても遅くはないと思いますよ。